合同説明会で覚えておくべき注意点とは

合同説明会では一つの会場に出向くだけでたくさんの企業の話を聞くことができますので、非常に効率の良い情報収集の手段となります。

既に応募先を絞り込めているのなら、その企業が参加している合同説明会に参加することでそのままエントリーすることができたり、訪問の設定ができるケースもあります。

ただし、少ない労力で応募に直結するような情報を集められる合同説明会にも注意しなければならない点があります。



まず一つ目が、既に受けたい企業が明確であって、それ以外の企業には興味が持てないという場合には参加しても得るものがない可能性があります。

興味のない企業の話を聞こうという気持ちはなかなか出てきませんし、聞いたとしても心に残るものはあまりありません。

その場合は、わざわざ交通費を払って時間や労力をかけて参加するほどのメリットが見出せませんので慎重に参加を決めなければなりません。


会社側としては就活生に会社のことを知ってもらう良い機会だと考えていますので、思ったほどの詳しい情報が得られない可能性もあります。



本当に詳細な部分まで知りたいと思うのなら、合同説明会ではなく単独で開催されている説明会に参加した方が良いようです。



全体的に内容は薄いものになりますので物足りなさを感じる人も多いようですが、そこから後日に単独説明会に参加するという流れも作れます。
選択肢を増やすための手段という位置づけにすれば、より効率的な活用ができます。


MENU